中国への留学、語学留学・趣味留学・インターンシップやホームステイについて

中国留学就職中心

 

中国留学就職中心TOP中国留学・中国就職についてよくある質問 > 中国就職編

中国への留学、中国での就職についてよくある質問

中国で就職したいのですが、まず何から始めればいいのでしょうか?

まず、ご自身がどんな仕事をしたいのか、5年後10年後はどうなっていたいのか、目標をはっきりさせ、しっかりしたキャリアプランを立てることが大切です。ご自身が立てられたキャリアプランに沿って、担当者がご相談に応じます。

中国での就職についてのお問い合わせ

今すぐにでも、中国で働きたいのですが・・・。

すぐに働きたいのであれば、インターンシップをお勧めします。正規の就職ではありませんが、すぐに中国で働くことが体験できます。しかし、インターンシップでも選考や手続きに1〜2ヶ月必要なため、早めに当社までお問い合わせください。

 

インターシップについてのお問合わせ

中国語は初級なのですが、中国で働けますか?

中国語能力を問わない企業も増えてきています。 どんな仕事をしたいのかにもよりますが、中国語を勉強したことがなくても就職することは可能です。
中国で働くのに最も重要なのは「中国で働きたい!」という熱意です。 しかし、中国語ネイティブといっしょに仕事をし、またご自身が中国で住むわけですから、出発前に少しでも中国語のスキルアップをされることをお勧めします。

 

当社運営の中国語教室「中国語交流中心」

中国に一度も行ったことがありません。それでも中国で働けますか?

もちろん、中国で働くことができます。
行ったことのない国で働くことに不安がある方には、就職セミナーや現地での見学ツアーをご案内いたしますので、ご相談ください。

中国ではお給料はどれくらいもらえますか?

全体的に日本の水準よりも低くなると考えておいたほうがいいでしょう。
また、職種や経験、実力によって大きく異なります。給与額は日本よりも低くなりますが、そのぶん生活費も安くおさえられますので、中国で生活をするのには困りません。

中国での勤務時間は何時から何時までですか?

一般的には8時から17時までです。
勤務時間の詳細や残業・休日出勤の有無等は、各求人案件でご確認ください。また、当社でもご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※中国は日本と−1時間の時差があります。

中国で就職した場合、年金や税金はどうなるのですか?

会社に勤務していない方が加入する国民年金は、国外転出届けを提出すると、自動的に解約されます。
しかし将来帰国するつもりであれば、転出届を提出する際に任意加入の手続きをとり、そのまま継続したほうがよいでしょう。会社に勤務している方が加入する厚生年金は、退社後、国民年金に切り替わるので、任意加入の手続きをとることになります。
税金は、ご出国前に税務署で確定申告を行い、その時点までの税金を納めます。海外で得た所得には日本の税金はかかりません。

海外傷害保険は会社に負担してもらえますか?

海外傷害保険や住宅手当は企業によって負担してもらえたり、半額負担だったりと様々です。
当ホームページの求人案件の中で、ご希望の案件がございましたら、海外傷害保険や住宅手当等の待遇についてもお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

よくある質問の一覧へもどる

 

留学コース紹介留学先の紹介留学サポート中国での就職インターンシップ
中国の生活事情よくある質問お問い合わせサイトマップトップページ

中国への留学

中国で就職

「中国留学中心」へお問い合わせ

フリーダイヤル0120-409-422(※携帯電話からのかけれます)

【平日】 9:00〜20:00
【土曜】11:00〜20:00

E-mail:honsha@chinese.co.jp


 

会社案内個人情報の取扱について

中国への留学・就職情報サイト 中国留学就職中心 | サンエス株式会社

〒530-0051 大阪市北区太融寺町1-17 梅田アスカビル5F TEL:06-6315-7646 / FAX:06-6315-8017